2006年01月30日

表札用絵到着。

舟郎さんから、塗料が届きました。

使用方法

 1.ガラス板を用意する
 2.絵の具少々にバルサムを少しだけ加え、同封の延べ板で練る。
 3.描きにくい場合は、テレピンを少々加え練る。
 ※黒茶に黒を少し加えて混ぜても良い

チューブタイプをくれる予定でしたが、
いつもお使いのを小分けしてくれました。
はははーん。
この手作り感が何だか、楽しい♪


ご親切に有難うございます☆


s-IMGP4427.jpg
posted by mono at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

シーリングファン

危ないからという理由で、
ワタシの知らないところで
設置しない方向に進んでいたシーリングファンですが。
 そんなコト聞いてない!
 絶対付けるのーっ!!
と駄々をコネテ設置して貰いました。

知人に教えて頂いた、
アメリカのHUNTERというメーカーのもの。
部屋の高さや大きさを考えると、
在る程度大きくないと、使う意味がないんだけど、
さりとて、大きすぎると危ない。

結局、羽幅132cmの、シンプルなこのコにけってー。
これが、超便利!しかも可愛い!!
一日中くるくると回っています。
付けて貰ってヨカッタわぁ〜。

s-IMGP4399.jpg
MF1102 ボール(ホワイト)
posted by mono at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電柱傘

デッキに電柱傘が付きました。
かぁ〜、わぁ〜、いぃ〜、いぃ〜っ。

これは、タチバナ商会さんで買ったものです。
どうですかっ!
素敵でしょぉ〜。

s-IMGP4404.jpg


このヨコにエアコンのダクトが付くなんて、
言わないでね。でね。でね。

2006年01月25日

わっぱ発見!

格好良い照明、発見!!
http://blog.livedoor.jp/modern_t/
谷俊幸さんとおっしゃる方デス。
モノラバハウス参加アーティストの1名になって欲しいなぁ。

目黒のマイスターと、
姉妹店のソリッドというお店で作品が見られるとのコト。
行かねばっ!!

表札 感謝感激

ここのところ、ずっと表札に振り回されています。
 陶磁器用上絵具のチューブ入り〜、
 テレピンやバルサム油〜、
と唱えていたら、
相談に乗ってくださっている陶芸家の齋藤舟郎さんからこんなメールが!

 表札の件ですが、私が近くの陶磁器材料屋で上絵具を買い、
 使用説明を付けて送りましょーか?
 何色が良いのですか?
 送るよーなら、改めて住所も教えて下さい。


わあああ、なんて素敵な方なのかしらっ。
どうも有難う。
オコトバに甘えさせて頂きまっす。

そんなワケでユーゴさん、
ちょっと待っていてくださいね。

ユーゴさんもね、ハンズに行って調べたりとか、
無茶なお願いをしているのにも関わらず、
快く対応くださっています☆
ワタシ、皆様の親切に支えられて、幸せデス。
家を建てている最中も、ミンナに支えられてきたんだよねぇ〜。
感謝、感謝。

ああ、嬉しいな〜♪
るるるんるんるん。
posted by mono at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

表札 一筋の明かりが!

知人の陶器作家さんに相談してみました。

え?もっと早く相談しなさいって?
まあ、そうだけどさー、
あまり色んな人に迷惑掛けたくないじゃーん。

兎にも角にも。
このように素晴らしいお返事がっ!

 表札の画像見ました。あれをみたかぎりでは、上絵付けをお勧めします。
 焼き物用の絵の具で描いて焼き付ける方法です。
 しかし、書家の先生に専用の絵の具で描いて貰って窯で焼くというのは
 なかなかややこしいですね。
 東急ハンズなどで、上絵付け用の絵の具が売っているのでそれを買い、
 書家の先生に描いて貰ってくれれば、
 それを消えないように郵送して下さい。私が焼きます。


おおおっ!
何だかイイ感じになってきたっ。
ご親切にどうも有難う、舟郎さん。
posted by mono at 16:14| Comment(0) | TrackBack(5) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表札(案外難航中)

表札がね。結構難しい。
チョモランマ書楽家・安田有吾さんと
相談しながら制作を進めているのですが。

どうやら。
この前買った表札は、
 焼いていないモノ
という触込みだったけど、
 焼いてあるモノ
であろうと。
そして、
 焼いてしまった表札に
 字を書いても落ちないインクなり何なりはなさそうだ
という結論に至りました。
ううーん。コマッタ。

で、方向性として2種。
 ●今度こそ、焼いていない表札を手に入れる
 ●全く違う方法を考える

どうしましょうねぇ。

 
posted by mono at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

song by 神谷啓介

喜一先生の水彩画展で久しぶりに、
ゆったりとした神谷啓介さんの歌声を聴きました。
うう〜ん、すてき。
肩の力が抜ける感じ♪

で、閃いた!
神谷さんも、モノラバハウスアーティストになって貰おう!!
歌だってアートだもんっ。
神谷さんの歌声、モノラバハウスにとても合うと思うのッ。

と思って声を掛けたら、快く承諾☆
もこもこの歌を作ってくださるって!
わーい!
うれしぃ〜っ。楽しみぃ〜っ。

kamiya_keisuke

2006年01月22日

舞良戸&モリモトタロウ

どどんと舞良戸に絵を描いてくださる、
森本太郎先生とダンドリー。
こんなのどお?っといった感じで、
構想図を見せてくれました。

s-IMGP4351.jpg

うふふふふっ。
たー、のー、しー、みぃ〜っ。

taro_morimoto
posted by mono at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想*舞良戸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪止め

屋根に雪止めを付けると、格好悪いから付けなくてイイ!
トーキョーは雪なんか積もらないもんっ!
とほざいておりましたが。
大雪です。わー。

yuki.jpg


結局、軽部さんの、
 付けないと困りますよ。
の一言で、付けておいたのです。
ヨカッタ、ヨカッタ。
昨日今日とで大活躍☆

ガルバ&雪止め

付けてしまえば見慣れちゃって、
格好悪いとかそういう感じじゃないしね。
posted by mono at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

玄関へのアプローチ

我家の玄関へのアプローチは、鉄骨で階段を作ってもらって、
そこに"墨モルタル洗い出し"施工をして貰いました。

s-IMGP4288.jpg s-IMGP4287.jpg

くわっこいい♪
ちょっと見えにくいけど、
小さな黒い石がつぶつぶと広がっています。

これは左官やさんの工事です。
最近は、洗い出しの施工の発注がないとのこと。
遣り甲斐があるとおっしゃっていました。
こういう大切な技術がきちんと継承されていくと良いんだけどなー。

あ、そうだ。
1Fの庭のシンク、
人造石塗り研ぎ出しでお願いしている筈だけど、
大丈夫かしら?
あそこは格好良く仕上げようよ。
posted by mono at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ダイニングチェアお色直し

HPDECOで買った椅子に、
コンランショップで買った布を張り直して貰いました♪
うおおおおおっ。
カワイイ☆

s-IMGP4317.jpg s-IMGP4328.jpg

どうですか、このフォルム!
色っぽいでしょぉ〜。

デザイナーは良く分からないのですが、
イタリアのナントカ(調べておきます)という人ではないか?
なんて話が出ていたのです。
で、布の張り替えの時、内側のフレームに、made in ITALYの文字がっ!
イタリア人デザイナー説、信憑性が増してきました。


* * * その後 * * *

ジオ ポンティ
というデザイナーさんじゃないかということでした。
ジオ氏のサイトに、類似したフレームの椅子があるのよ!
posted by mono at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンドリーチキン

森本せんせい・ohnoさん

明日、顔出しますので、
打合わせの件、宜しくお願いいたします。
ううう・嬉しいです。
ワクワクです。楽しみにしています。

ご連絡、有難うございました。


モノ


                               

森本せんせいとohnoさんから、
 モノラバハウスのどどんと舞良戸へのペインティングのことで、
 ダンドリなどの打ち合わせをしませんか?
なんてメールが届いたのです。
いやぁ〜ん。どきどきです。
posted by mono at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想*舞良戸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

庭への扉

genさんから、家の横に付ける、
扉の図面が届きました。

s-扉.jpg

最初は、もっとカジュアルな感じの扉が上がってきたんだけど、
玄関アプローチもデッキもりゃんこ張りなので、
コチラもりゃんこに♪
統一感が出るかな?と思っています。
posted by mono at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

大槻さんのガラスワーク@モノラバハウス

s-Ohtsuki_akari.jpg s-Ohtsuki_glass_3.jpg

栄えある、モノラバ奨励賞を受賞なさった
(勝手に選考させて頂きましたが)
大槻洋介さんのガラスが各所に付きました☆


それぞれ、1Fファシリティーと、2F玄関に鎮座ましましています。

s-IMGP4271.jpg s-IMGP4276-2.jpg

はあああ、素敵だわぁ。

号外!!
2005年度モノラバ大賞発表!

皆様、大変長らくお待たせいたしました。
只今より、2005年度、モノラバ大賞の発表を致します。

栄えある、2005年度モノラバ大賞に選ばれましたのは・・・・・・。
だららららら(ドラムロール)

鈴木喜一建築計画工房によります、

 新井宿の家!

おめでとうございま〜す!
喜びの様子&詳細はコチラ

続きまして、奨励賞の発表です!
栄えある、2005年度、モノラバ奨励賞に選ばれましたのは・・・・・・。
だららららら(ドラムロール)

大槻洋介氏によります、

 ガラスのあかり!


え?あ、はい、ワタクシの家です。
だって、素敵なんだもーん。
近い内に、授与式しなきゃね。


※モノラバ大賞(ものらばたいしょう)は
 日本国内における建築・デザイ ン分野で最も功績をあげた
 個人・団体を称え授与される賞。
 大 賞・奨励賞・モノラバ文化賞から成る。

posted by mono at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

物干し

良いデザインのがナイのと、
方向性が定まらなかったので、
なかなか決められなかった物干しですが、
軽いモノだけを干そうということになって、
シンプルなJ字型のを探すことになりました。

そして、たった今、genさんから、
見つけたとの伝令がっ。

s-hook.jpg
スガツネ JF70M

おおお、イイカンジ!
invenio!
posted by mono at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感謝感涙

新しい家に住み始めて、約一ヶ月経とうとしています。
最初は、寒いし、電気が点かないし、洗濯も干せないし、
大変だったけれども、今は随分と落ち着いて、
普通の生活が出来るようになりました。

住んでみて、しみじみと思うのですが、
ホント、良い家なのですよ。
 キリっと品良く美しいけれど、
 あまり頑張りすぎていなくて、
 のんびりできる、大らかな住まい。
 それでいて、機能的。
もう、サイコー!
どの部屋もとても使い勝手が良くて、
大変気に入っています。
誉めすぎかしら。

よく設計士さんに頼むと、
格好は良いけど緊張感が有りすぎだったり、
美しさ重視で使い勝手が悪かったりするでしょぉ?
そういうのは、ナイのです。
ほわっと優しく、使いやすく、住みやすい。
家に帰ると、肩の力がふーっと抜ける、そんな素敵な空間です。

ワタシが望んでいた、
 美しくも機能的
 ネオジャパネスク
 風が抜ける
 脱力系
 スカンジナビア、サンタフェ
 テケテケ、もこもこ
 小宇宙
が見事に具現化されているの。
ネオジャパネスクとスカンジナビアとサンタフェが
どう融合できるのかと思われるでしょうが、
イイカンジにミックスされています。
テケテケ、もこもこ??
何じゃそりゃっと思われるでしょうけれども、
ちゃんとそんな感じの空間になっています。

感覚的で、掴みにくい要求に見事応えてくれて、
それどころか要望以上のモノを生みだしてくれた、
鈴木喜一建築計画工房の
喜一せんせいと、genさんと、コバちゃんと、3人を支えてくれたスタッフの皆様、
そして、軽部工務店の軽部さんと、
チームカルベの職人さん達に感謝感謝の日々なのです。

でも未だ工事は終わっていないんだけどね〜。
1Fの戸袋、付いていないんだけど、
そういう仕上げだったかしら??
スイッチ関係も、そろそろ何とか・・・・・・。
いや、良い家ですよ、本当に。
どうもありがとう。
posted by mono at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

住んでみてあかりる

住んで、使ってみて初めて分かることって多いですよねぇ。
照明も、ペンダントを付けるつもりでプラグを取付けて貰ったけど、
やっぱり要らないなぁという場所が出てきたり・・・・・・。

1Fリビングの北側と、
2Fダイニングのペンダントは使わないことにしたので、
横にコンセントが付いているタイプのプラグに変えて欲しいなぁ。
そうすれば、電源を有効に使えるでしょ。
天井にコンセントを差し込んで、掃除機を掛けたらちょっと楽しいよね。
ダイニングなら、ミキサー使ってみたりね☆


そんなわけで、変更事項。


●1F
◇寝室
 調光機の取付け(リビング北側ペンダントに付けているものを付ける)
◇リビング
 南側/調光機の取付け
 北側ペンダント/調光機(今まで使用していたもの)の取り外し。
 ペンダント用プラグを、横にコンセントが付いているタイプに変更
 (多分ここのペンダントは使わないので、コンセントとして使うことを想定)

●2F
◇ダイニング
 当初、調光機を付ける予定だったけど、取付けナシ。
 ペンダント用プラグを、横にコンセントが付いているタイプに変更
 (多分ここのペンダントは使わないので、コンセントとして使うことを想定) 


宜しくお願いします。

2006年01月12日

ダイニング

ダイニングにはW2,500×H2,000の、
大きな木建具の窓があるのです。
そう、木製なんです!
ここの窓だけは木にしたくて、造作して貰ったのデス。

しかも、夏は窓を開放したかったので、
戸袋に引き込めるように作って貰いました。
窓を引き込んだら、
ダイニングとデッキに一体感が生れて、
一つの開放的な空間に成るかなと思って。
今は寒いので、暖かくなったら楽しもうと思っています。

そうそう。
網戸の枠も雨戸も木製なんです。
素敵なんですよぉ。
しっとりとしみじみした窓になったので、
とても気に入っています。
木で作ったのだから当たり前なんだけど、
雨戸を閉めた時に木板が見えるの。
工業的なアルミではなく、
自然の風合いの木が見えるというのは、
落ち着いて良いなぁと思います。

それとね、我家の南側は窪地になっているので、
ダイニングからの眺めがとても良いのです。
だからこの窓がとっても有効的。
とは言っても、見えるのは屋根ばかりですけど。
でも、500mぐらい視界が広がっていて、
大きく空が見えるので、
雲が流れる様子だとか、
遠くの雑木林に鳥が集まる様子などが見られて、
のんびりするのには最高なの☆

メンテナンス?
まあ、そんなことは良いじゃないですか。
今はこの窓を楽しむのだ!
posted by mono at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。