2006年02月27日

飛騨の風

ダイニングテーブルを作ってくださった、
桐風舎の宮原さんご夫妻がいらっしゃいました!
宮原さんが作られた山桜のダイニングテーブル、
美しくて、頑丈で、無垢の木肌の肌触りが滑らかで、
とても気持ちの良い素敵なコなんです。

そんな素敵な我がコを生みだしてくれた
お二人のお住まいは飛騨高山。
少々遠いので、今までゆっくりとお話する時間がなかったのですが、
浦和の楽風での個展にいらっしゃるついでに
お立ち寄りくださいました。

個展の様子
個展の様子


話してみて、なるほどと、納得。
質の良い、秀でた作品が作る人ってやっぱりスバラシイ。
素一郎さんは木工のみならず、様々なことへの知識が豊富なの。
社会的なことにも関心があって、
どこか哲学者のような方でした。
心の眼が豊饒な感じ。
本物を生みだす人って人間が深くて素敵ねぇ。

一美さんに、
 大工さんの仕事が丁寧で、良い家ですね
と言われちゃった〜☆ ブイブイv
やはり木工に携わっていらっしゃるだけあって、
見るところが違うんですよ。
あの仕舞いが・・・とか、木組みが・・・とか、
"通"目線の感想を聞かせてくださって、
とても楽しかったです。
素一郎さんは、職人さんが泣いただろうなと・・・・・・。
あははは。良くお分かりで。
否。
みなさん、嬉泣きですヨ!

いろんな方が我家にいらして、
それぞれの観点から感想を聞かせてくださるんだけど、
それぞれ生活の基盤というか経験というかがやはり違うから、
おっしゃることって、様々なのね〜。
私の思いも寄らないことが多いので、
人の話を聞くって、とても楽しいです。


お二人とゆっくりお話をしてみて、
我家のダイニングテーブルが素敵なワケが良く分かりました。
今度、素敵なモノ生みだす環境を体感するために
飛騨高山に遊びに行きたいな〜♪

宮原ご夫妻・・・。

The happy beginning of Mairado-painting

ついに、舞良戸へのペインティングby森本太郎が始まりました。
うおおおおっ。
記念すべきメデタキ日。
2006年2月24日(金)

前日に舞良戸を外してセッティングしておきました。
仕事から帰ってくると下絵ができあがり!
いやぁ、興奮しちゃうワ。

morimoto_mairado.jpg


とても集中して取りかかったらしく、
森本先生は精根尽き果てた・・・とまではいかないものの、
脱力って感じでした。
先生は体力的に大変だろうけど、
私はこの、入魂!って感じが嬉しいなぁ。
やっぱりこの集中力が
精神性の高い作品を生みだすと思うのですよ。うんうん。

下絵が乾いたら、塗りに入るとのこと。
楽しみ、楽しみ♪
頑張ってくださいネ〜☆
posted by mono at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想*舞良戸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ついに表札が付きました。

玄関に付いた様子では、
難産だったとは思いも寄らないちょっとした表札ですが、
色んな人の手を借りて出来上がり、
ようやく我家の玄関に取付けられました!
ぬおおおお〜っ。
感慨もヒトシオです。

玄関横表札

ワカルかしら。
ドアの右横の白い点々が表札なんだけど・・・・・・。

字をお見せできないのがとても残念。
大らかで良い字なんですよぉ。
二つ並べると、下に少し丸めの余白ができて、
それがまた良い感じなのデス。
posted by mono at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年2月18日(sat)
室内外残務工事

まだ室内外の工事がちょぼちょぼあるのデス。
でもあともう少し。
ゴールが見えてきました。
はぁ〜っ。
楽しかったけど、長かったし、疲れたなぁ。
よく頑張りました。
始めて自分を誉めてあげたいっ。←ワカルかしら。ちょっと古いカナ?


エアコン

1Fのエアコンが綺麗に収まりましたー☆
柱と柱の間に入ってウツクシイわ。
・・・・・・。
エアコンの収まりを見てウツクシイだのなんだの言うなんて、
もうビョーキだよねぇ。
ああ、早くこの病から脱却したひ。


手摺りも付きました☆

手摺り 手摺り2

家の造作に多用したタモ材の筒状のモノをカットして、
面取りして金具を付けました。
金具も、少しマットで色のトーンが落ち着いたモノを付けたので、
デザイン的にも遜色なく、なかなかの出来上がり。
満足、満足。
ながーい筒状の棒をその場でカットして
面取りして取付けちゃうんだから、
大工さんって、スゴイよねぇ。
その技術と仕事の速さに脱帽です。


そして、外の門扉くん。

門扉

家の玄関前の手摺りと同じように、
りゃんこ貼りにして貰いました。
統一感があってイイ感じ♪


ああ、もうすぐ工事も終わりだぁ〜。
ミンナ、良く頑張ってくださったモンダ。
感謝、感謝ですねぇ。
posted by mono at 15:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞良戸ペインティング構想図

森本先生とohnoさんが持ってきてくれた舞良戸ペインティングの図案は、
とてつもなくモノラバハウス仕様で、
非常にウレシイ♪♪

家具や部屋の雰囲気に合うよう、
落ち着いたトーンの野花をモチーフにした
デザイン画を持ってきてくれたのデス。
すぅてぇきぃぃぃ☆

コレが粋なのよぉ。
格好良いのに主張しすぎていなくて、
しかも作品としての重みがある。
スバラシイっ。

以前見せてもらった案も綺麗なんですよ。
比較的ビビットな色合いで、
森本カラーな感じで。
でも、それよりも今回持ってきてくださった案は、
モノラバハウスに合うよう熟考してくれた要素が強くて、
やるなぁ〜って感じです。
流石というか何というか。
やはり最後はちゃんと持っていくというか、
感が良いというのか、
何と言えば良いのでしょう・・・。
先生は違うなぁって、感心しちゃいます。

出来上がりが楽しみです。
何度か通って、作品が出来上がるとのコト。
その行程を見せて頂けるのも楽しみだなぁ。


森本先生寸法を確認中
posted by mono at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想*舞良戸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タロー・モリモト&リュータ・アオヤギ

舞良戸に絵を描いてくださる
森本太郎先生&Ohnoさんと、
オープンハウスでインスタレーションを催してくださる
青柳龍太さんがモノラバハウスご訪問!
ミンナで一緒にお食事をしました。

森本せんせいご夫妻&青柳さん

1Fの舞良戸の寸法を測り、24日(金)から制作に入るとのこと。
青柳さんは、もこもこインスタを構想中。
楽しみ&ドキドキです♪

2006年02月17日

訪ねモノ

人研ぎの流しを探しています。
何方か、落ちていた、捨ててあった、譲ってくださる情報等お持ちでしたら、
是非ご一報ください。
外の水栓に使う、小さめのを探しています。

取りあえず、喜一せんせいのご厚意で、
人工人研ぎみたいなコを取付けることになりました。
せんせい、有難う☆
けどね。
やっぱり本物の人研ぎがいいなぁ。
posted by mono at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものらばはうすのあかり

齋藤舟郎さんにお願いしていた、
ものらばはうすのあかりが出来た模様。
これから焼くんですって。

minimonoloverhouse_light_off minimonoloverhouse_light_on

すごーい!
素敵じゃない?

半分だけ黒くしようかナー?
なんて言っていました。
うおおおっ。
楽しみぃ☆

kazaguruma

照明作家、谷俊幸さんのわっぱあかりが届きました!

s-IMGP4557.jpg s-IMGP4551.jpg

どうですかっ!
すぅ〜てぇ〜きぃぃぃ〜ん☆
影がゴージャスねぇ。はうー。
暖まると、木の香もするんですよ。

いやぁ、ワガママ言って、
付いていたあかりを外してもらった甲斐がありました。
まるで、クリスマスのダビデの星みたいね。
いやん、格好良い。

美しいモノは良いですねぇ。
傍にあるだけで癒されちゃうワ。

エアコンモンダイその後

大きくて付かなかったエアコンですが。
返品やらなにやらして、
小さいのを取付けることになりました。

何とか安く仕入れられたら良いなぁ〜って思って、
ネットさーふぃんしていたら、
流通経路が違うため品番が違うだけで、同等品なのに4万円!
というモノを発見。
エアコンなんて夏ちょこっと使うぐらいだから、
同等品で上等じゃ〜ん
ってコトでこれを注文してもらいました。
何とか収まりそうでヨカッタヨカッタ。
posted by mono at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

朝のヨロコビ

東の窓から、朝日が差し・・・。

s-IMGP4546.jpg
posted by mono at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

モノラバソング制作始まる。

モノラバソングを作ってくださる神谷啓介さんが、
先ずはモノラバハウス空間体験ということで、
我家に楽器各種を持っていらっしゃいました。

s-IMGP4539.jpg


家の中をご案内した後、
もこもこラインでギターを奏でたりして。
うううん、イイ感じ♪

プーランクが気になる今日この頃ということで、
以前合唱で歌ったGloriaの楽譜を見ながらCDを聞いて、
 モノラバソング、こんな感じでイコウ!
とか、ギターに合わせてハミングして、
 やっぱりハミングも良いね!
とか、綺麗な和音が好きだから、
 教会の聖歌みたいに、綺麗にハモらせようか!
とか、
アルトリコーダーを吹いてみて、
 リコーダーの演奏も良いね!
とか、いろいろいろいろ気持ちが膨らんで、
とても楽しいヒトトキでした☆

最後は神谷さんの鍵盤ハーモニカと、
つたないワタシのアルトリコーダーで
神谷さん作曲の、喜一先生の"ちゅうぶらりん"を演奏したりして。
楽しかった〜。音楽ってイイよね。

どんな曲が出来上がるかな?
とても楽しみ。
3.25は、神谷啓介なんとなくライブがありそうよ。
時間とかは決めないで、
好きな時に好きなところで演奏してくれるって☆
いやぁ〜ん、わくわくだわぁ。


s-IMGP4534.jpg

モノラバアカリ

表札を焼きに、
陶芸家の齋藤舟郎さんのお宅に行ってきました。

表札を焼いて貰うのも目的の一つですが、
実はもう一つ。
モノラバアカリを作って欲しい!
と伝える目的がっ。
えへへ。

前々から、舟郎さんが作った
香炉とかアカリが気になっていたんですよ。
舟郎さんのご実家に行ったとき、
舟郎さんんが作ったお魚の香炉を見かけたのね。
その香炉ったら、そんじょそこらの香炉ではなくて、
魚に足が付いていて、しゃきんと立っている
ほねほねな感じの、
何とも言えず大きくて素敵な香炉だったんですよ。
まあ、万人に受けるとは思えないけど、
でも、ワタシはとても気に入っていたのです。

それで、そのコトを話して、作品をお願いしたら、
モノラバハウスをモチーフにして、
モノラバアカリを作ってくれることになりました。
いやっほーう!!
どんなのが出来るのか、とても楽しみ。
モノラバアーティストにもなってくださるって♪♪
うふ。

それでね。
以前ご実家で見たあの魚の香炉、
壊れちゃったからって舟郎さんのお庭に転がっていたのです。
欲しいぃ〜っ!
と叫んだら、持っていく?なんてコトになりまして、
頂いて来ちゃいました♪
今や我家で泳いでいます。
やったね☆

右_サカナ香炉

表札ができた!

紆余曲折ありましたが。
ようやく表札が出来上がりましたっ。
くわぁっこ良い!!
思い描いていた表札そのものデス!
いやぁ〜ん、粘ったかいがありましたわん。
大らかな良い字だねぇ。

思い起こせば、長い道のりでした・・・。
小判型の表札を買い、
陶芸家の齋藤舟郎さんに絵の具を送って頂き、
書楽家、安田有吾さんにその絵の具で書き、
舟郎さんに焼いて頂いて、
完成!!
うわぁ〜い。

お見せしたいのはやまやまですが。
名前だからねぇ。
うーん、残念。

s-IMGP4543.jpg
ほんのちょっとだけ。


陶芸家の齋藤舟郎さんのお宅に
最後の仕上げの"焼き"をお願いに行ったんだけど、
書楽家の安田さんと、丸ちゃんとワタシ達で、
体験陶芸教室もしてきました。
土をこねこねして、無心でモノを作るって楽しいねぇ。
舟郎さんの美しきベターハーフ、優香さんお手製の
カレーランチも美味しかったなぁ〜。

s-IMGP4527.jpg
posted by mono at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

フック

コートを引っかけるフックを取付けました☆

s-IMGP4469.jpg


ジョイフルホンダで見つけたモノ。
3千円ぐらいかな?
古い板に、古い長い釘が打ち付けてあるの。
コレがなかなか素敵なんですよ!
posted by mono at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モッコウバラ大作戦

フェンスだけどね。
隣の家との境界線に付けたんですよ。

でぇ〜、昔ながらの緑の網タイプを頼んでおいたのに、
最近よく見る白い塩ビで覆われた縦横の格子タイプが付いている。

s-フェンス現状.jpg

ううーん。
せめて白じゃなければなぁ。
一気にカントリーちっくに。
booooo!



で、解決案。
そのままにして、モッコウバラを這わせる

フェンス提案_by_ayumi 

こんな感じ。
まあ、悪くないけど、フェンスが茶色だったらサイコーだよね。


せめて焦げ茶色に変えておくんなまし!

と、言うのは簡単だけど、
網の部分が塩ビだからペンキは塗れないし、
根こそぎ取り替えるのもオオゴトなのねぇ。
ということで熟考。

 !!!

フェンスの柱はそのままで、
柱だけペンキを塗って、
格子のパネルの部分だけ取り替えよう!

それで、その工事が終わったら
ヤマブドウとか、モッコウバラとか、アケビとかを生やそうよ。
おおっ。きっと素敵だね。
posted by mono at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うへぇ。

フェンスモンダイ、エアコンモンダイ、コウシモンダイ
が起きておりましてぇ〜。

●フェンスモンダイ
注文と違うモノが付いていた

●エアコンモンダイ
大きすぎて綺麗に収まらない

●コウシモンダイ
1Fの北と東の腰高窓に格子が付いていない
(最初から考えていなかった)


うへぇ。

起きてしまったコトは仕方がない。
それぞれどういう方法が得策なのか
ミンナで知恵を寄せ集めて検討中。

ここが腕の見せドコロねっ。
posted by mono at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

さる穴

2Fダイニングの木製雨戸を留める為の、
さる穴が開きました☆

s-IMGP4465.jpg

このレールの数々は、
ガラス窓2枚、網戸2枚、雨戸2枚、
それぞれのレールです。
おもちゃの電車でも乗せて、遊びたい気分じゃない?

あ、で、その窓は
全部戸袋に引き込めるから、
開放的な空間が楽しめるんです。

でも今はまだちょっと寒いからねぇ。
楽しみは春まで取っておくわ。
posted by mono at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

カラスと梁と針金と

頂いた素焼きのカラスくんを梁に留まらせたい。
で、いろいろと考えた結果、
 針金で止めるのが一番良いかな?
と思いチャレンジ!

s-IMGP4492.jpg

見えるかしら。
画像だとあまり針金が見えないけど、
実際は針金だらけで、
カラスを愛でるのか、針金を愛でるのか、どうなんですか?
ってな感じ。

取りあえずこのままだと危ないので、
降ろしてもう一度考えることにしました。
なんとか宿り木に留まらせたいんだけどなぁ。
posted by mono at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表札、書けたって!

書楽家、安田有吾さんより一報が入り、
例の表札に書き終わったとのコト。
良い感じだって☆
早く見たいぃ〜ん♪♪

今度の週末、その表札を焼に行ってきます。
それでようやく出来上がり。
難航していてどうなるかと思ったけど、
何とか出来上がりそうで、嬉しいワ。
posted by mono at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/室外構想*表札編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。