2006年03月16日

モノラバソングができるまで

モノラバソングを作ってくれている
神谷啓介さんとのやりとり記録。
こうやって、作品が出来る過程を垣間見られるのって、楽しいなあ。

--------------------------------------------------------------------------------


拝啓、モノラバのmonoさま、

連絡が遅くなりましたが、モノラバソングの制作は少しずつ、ちゃくちゃくと進んでいます。

ここまでに

・「ほこら」のあるリビング
・モノラバラインの見えるダイニング
・もこもこきみょうな空への小部屋

といったイメージで3つの題材ができました。これらに味付けをして行こうと思います。

●モノラバソング その1(タイトル未定)
モノラバハウスの台所で代々歌われつづけていた「はなうた」をイメージしています。
先日おうちに伺ったときに出たキーワード
「プーランクのような楽しげな旋律」「聖歌のようなきれいな和声」
などに加え、
「輪唱」というのもおもしろいかなと思っています。


--------------------------------------------------------------------------------

monoさま、こんばんは。

昨日に引き続き、モノラバソング、二つ目の題材をおおくりします。
「ほこら」空間と、障子や天井の無目のバランスが美しかった印象からつくりました。
出だしは静かに始まります。


土曜日に3つめのうたをお聴かせしたいと思います。

かみや(3/9)


--------------------------------------------------------------------------------

日曜の朝になってしまいましたが、3つ目をお送りします。

メールをありがとうございました。それからブログにも。
おだやかな音のイメージ、安心感がひとつテーマですね。

今後も、思いついたときでかまわないので、あれこれおっしゃってください。

では。


かみや
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。