2006年03月27日

齋藤舟郎さんとモノラバハウスのあかり

陶芸家・齋藤舟郎さん作、モノラバハウスのあかり初お目見え!!
コチラもわっぱのあかりに負けじと、光を放っております。
じゃじゃじゃんっ。

ものらばはうすのあかり ものらばはうすのあかり2


コレ、陶器なんですよ。
しかも、我モノラバハウスのミニサイズなのっ。
すうてえきいいい〜っ。
いやあん。
これこそ、オンリーワンって感じで、嬉しいじゃないですか。

凄いんですよ、このコ!
プラモデルみたいに、
細いパーツを幾つもつなぎ合わせて出来ているんです。
何度もどうやって作るのか聞いたけど、
イマイチ想像ができないのよねー。
細い部品を沢山つくって、貼るだけらしいんだけど。。。
粘土って、柔らかいじゃない?
それが、何でこんなにしっかりとした形になるのか不思議。
焼けば問題ないけど、制作中にふにゃふにゃにならないのかしら・・・・・・。

んー。
しかし、こんなのを作ろうって思うのが凄いよねえ。
有り得ないよ。
だから、作家さんのモノって好きなんだなあ。
ワタシの想像を超えたモノを作るから。
だけどね、こういう個性的な作品は、売れないんだってさ。
以前作品展で見たハウルの家みたいなのとか、
大きな舟の形をした作品も、
堂々として格好良かったんだけどナー。
良いモノを作り続ける為にも、作品が売れて欲しいっ。

舟郎さんのもっかの悩みは、
舟郎さんの存在をなかなか知って貰えないコトだそうです。
だってねえ、web-siteもblogもナイんだもん。
そうなると、なかなか知って貰えないよねえ。
今の世の中、ググったり、ヤフったりしてモノを探すんだから。
今年は少し動こうかなぁなんて言っていました。
デザインフェスタに出品しようかと考え中とのコト。

あ、4月25日(火)から5月1日(月)まで、
代々木上原のギャラリー上原で、
3人の仲間と作品展を開催するんですって。
是非見に行ってあげてね。
鬼っ子シリーズと、プラモシリーズ(仮称)が飾られていると思います。
ワタシは、絶対にプラモシリーズがお勧め!


舟郎さん
酔わなきゃしゃべれないと、飲む舟郎氏。大丈夫か?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。