2006年04月10日

2006年4月8日(sat)
職人さん有難う会その2

有難う会に参加したミンナで、
木の板にサインをして、
とても素敵なメモリアルプレートを造りました。
嬉しいなぁ。大切にしよう♪
どこに飾ろうかなっ。

サイン


あとね、あとね☆
うふふふふっ。
スケッチを・・・。えへへへ。
頂いたんですよっ。
とても楽しげな、宴会の様子をその場でスケッチして。
誰からだって?
そやあ、内緒です。うふふふ。
嬉しいなあ。何よりのプレゼントです。
どうも有難う。

フィナーレには、夜なべして作った感謝状と、
モノラバ賞の賞状をお渡しして、盛り上がったあと、
ミンナで三拍子で閉めました。
ああ、楽しかった。
皆さん、情の深い素敵な方ばかりで、
こういう方々に我家を造って頂いたんだなあって思うと、
喜びもヒトシオです。

賞状授与式


とっても素敵な我家が出来上がって、
感謝の気持ちで一杯なの。
ですが、
器が素敵過ぎて大切なことを見過ごしている気が。。。

どんなに素敵な住まいでも、
家族仲良く、健康でいなければ、元も子もないワケですよ。
そりゃあ、モノラバハウス。を勿論大切にしていくけれども、
この家が何でこんなにも素敵なのかというのが、
感情豊な楽しい職人さん達を見て、
目からうろこぽろりで気が付いたように思います。

それは、
 ミンナが愛情を込めて造ってくれたから!
美しいし、安心感がある。
それ以上に、ミンナの暖かい良い思いが、
この家には備わっているのだと思います。
それを、住まい手である私たちが
引き継いで育んでいかないとイケナイなあと思いました。

美しい家に取り憑かれて、住まわされるのではなくて、
住まい手が楽しく気持ちよくお互いに支え合ってこそ美しい家。
造形的に美しい家は沢山あるけど、
それだけじゃあ家族にはなれない。
そうではなくて、幸せで楽しく仲良い
私たち家族が住むモノラバハウス。に
育てていけたらなあって思いました。
最初に人ありき。そして、モノ(家)ありき。
と感じた、感謝の会でした。

職人さんたち、どうもありがとう〜☆
posted by mono at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工その後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。