2006年01月12日

ダイニング

ダイニングにはW2,500×H2,000の、
大きな木建具の窓があるのです。
そう、木製なんです!
ここの窓だけは木にしたくて、造作して貰ったのデス。

しかも、夏は窓を開放したかったので、
戸袋に引き込めるように作って貰いました。
窓を引き込んだら、
ダイニングとデッキに一体感が生れて、
一つの開放的な空間に成るかなと思って。
今は寒いので、暖かくなったら楽しもうと思っています。

そうそう。
網戸の枠も雨戸も木製なんです。
素敵なんですよぉ。
しっとりとしみじみした窓になったので、
とても気に入っています。
木で作ったのだから当たり前なんだけど、
雨戸を閉めた時に木板が見えるの。
工業的なアルミではなく、
自然の風合いの木が見えるというのは、
落ち着いて良いなぁと思います。

それとね、我家の南側は窪地になっているので、
ダイニングからの眺めがとても良いのです。
だからこの窓がとっても有効的。
とは言っても、見えるのは屋根ばかりですけど。
でも、500mぐらい視界が広がっていて、
大きく空が見えるので、
雲が流れる様子だとか、
遠くの雑木林に鳥が集まる様子などが見られて、
のんびりするのには最高なの☆

メンテナンス?
まあ、そんなことは良いじゃないですか。
今はこの窓を楽しむのだ!
posted by mono at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

キッチン

キッチン、素敵なんですよぉ。
タイルをふんだんに使っているのデス。

床も壁もタイル。
1.5坪程度の狭いキッチンですが、
壁が3方向プラス、出入り口の半分は壁なので、
3.5方向壁なのです。
その壁を全てタイルで貼ったのデス!
キッチンの什器の周りだけタイルを貼ることがあるけど、
我家の場合、思い切った全面タイル貼り。
コレがなかなか雰囲気が良いのですよぉ。
しかもね、念願のねらねらタイル、200カク!
いやぁ、200カクは最初大きいかなぁと思っていたのですが、
壁一面タイルだから、このぐらいが丁度良い感じです。
大きい方があまり圧迫感がナイみたい。

床はですね、300カクぐらいのものを、
半分ずつずらす馬貼りという貼り方にして貰いました。
なんとか、面白く、でもやりすぎずにしたいなぁと考えていたら、
 こんなのどお?
なんて喜一先生が提案してくれたの。
コレコレ、コレを探していた!って感じデス☆
色は茶色ですが、少しすすけているから、
あまり強く色味を主張しないので、
結構落ち着いています。

続きを読む
posted by mono at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

東側の壁のてんてん小窓

我家の東側の壁には、小さい窓が
 てんてんてん
と付いていてとても可愛いの!
外から見ると、てんてんの頂点に、
アメリカから買ってきたステンドグラスが
 どうですかっ!
とばかりにトリを成しています。
すっごい素敵ぃ〜ん♪

s-higasimado.jpg
posted by mono at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

階段裏化粧

2Fの階段の裏は、1Fの階段の天井になっているんです。
最初は、板でも斜めに貼って、
珪藻土を塗ろうかなんて話があったのです。
が、あまりこーう、わくわくした気分にならない。

階段裏を階段のだんだんに合わせて囲って貰えないかと
聞いたら、手間などを考えるとちょっとぉ。。。
という返答。
それならもう、板を斜めに貼って、そのままでイイっ!
圧迫感があったって知らないっ!!
なんて投遣りになっていたのですが。。。

喜一先生の、
 階段裏を化粧仕上げにして、そのまま見せる案
に決定しました!
やったね☆
前にちらっとそんな感じのコトを言ったんだけど、
ワタシが言っても無茶っすよぉって感じだったんだけどね。
やっぱり先生の一声が効くなぁ。

かっこ良いんですよっ、我家の階段裏!
posted by mono at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

階段下物置

1Fの階段の下は、物入れになっているんデス☆
狭小住宅ですから。
スペースは有効に使わなきゃね。

続きを読む
posted by mono at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

舞良戸裏建具

"どどーんと舞良戸"に平行した建具を、
開口部の1/3程度の幅の大きさで作ってもらうのデス。

続きを読む
posted by mono at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

どどーんと舞良戸

寝室とリビングの間の引戸は、
どどーんと大きな舞良戸(まいらど)なんです☆
喜一先生の、
 大きいのにしようか
の鶴の一声で決まりました。
うーむ。
先生って、要所要所を押さえているんだよねぇ。
どうしてかなぁ。

兎に角。
格好良いんデスよ!
リビングにどどーんと。
横の長さが1800ぐらいの一枚の扉が、
カラカラと動くのです。
どうですかっ!!
どどーんが横に動くんですよっ。
何だか凄そうでしょぉ?
posted by mono at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォークインクローゼット廊下内洗面

寝室のウォークインクローゼット廊下のシンクは、
丸くてシンプルなのを2つ並べてあるんデス☆
これなら持ち分が決まっていて良いでしょぉ〜?

続きを読む
posted by mono at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトリエ前空間

リビングからアトリエに入る
アンティークのドアの前は、少し広く取っているのデス。
といっても、ほんの少しだけど。
900で済むところを1,200とか、そんな感じに。

続きを読む
posted by mono at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

1F北東角アトリエ

通称アトリエと呼んでおりますがっ、
実際は作業スペースといった所でしょうか。
きっと、日曜大工だの、
植木いじりだのに使われる場所になると思います。
物置にならないことを願っているのですが。。。
いかんいかん。
そんなことは絶対にさせませんっ!
有効に使いますっ!!

続きを読む
posted by mono at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

ウォークインクローゼット廊下

寝室のクローゼットは、廊下にもなっているんです。
最初は、よくある小部屋型の
ウォークインクローゼット案が出ていたのですが、
それだと風が抜けないし、
狭くて暗い行き止まりになってしまうのがちょっとツマラナイ。
なので、入り口側の反対側の壁を抜いて、廊下風に。
というよりも、廊下に。
これだと風が抜けるし、人も抜けられるし、
自由に使えてイイ感じです♪

一応引戸を付けて貰いましたが、
床から天井までスパンッと繋がっている
一本の戸にして貰いました。
そうすれば、戸を引き込んでおいたとき、
天井から壁が降りていないから、
ちゃんと廊下に見えるでしょぉ〜。
ただ、細長い戸なので、閉めにくそうなのね。
でも、まあ、基本的に開けっ放しの時が多いし、
それならば尚のこと、
スパンッ!としていた方が格好良いもんね♪

続きを読む
posted by mono at 11:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍者屋敷ちっく本棚

もこもこに続く廊下には、本棚を作って貰うんです。
でね、その本棚の内の一つが横にスライドして、
その裏側にある物置に入れるようになっているの☆
うふふふふっ。
ちょっと良いデショ。

続きを読む
posted by mono at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 各所お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。