2006年03月08日

仮想でもいいか

モノラバマンションとか
モノラバ住宅村とかを作ってみたいなぁ。
posted by mono at 12:09| Comment(3) | TrackBack(0) | モノラバテキキモチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

grand beauty

街に美しいものがもっと溢れていたら良いのにね。
posted by mono at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | モノラバテキキモチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めざせ!

モノラバハウスは、
 良いモノを作り、残す。
 伝統的な技術を継承する。
 芸術家を応援する。
 文化的な意識を発信する。
そんなシンボリックな住宅になったら良いなぁと思うんです。
posted by mono at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | モノラバテキキモチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07 Mar. 2006

2年前の3月7日、父が他界しました。
実は、その悲しい出来事が、
モノラバハウスを建てる切っ掛けとなったのデス。
そして、その亡き父の悲しい出来事を覚えて。
3月7日をモノラバハウス竣工日としたいと思うの。

ちょっとしんみりしちゃった?
まあ、"めーにちが竣工日"とそれらしい意味付けをしたけど、
ぶっちゃけ、竣工日って何年か経つと忘れそうじゃない?
だから、父のめーにちにしておけば、忘れないだろうと思ってぇ。
あ、いや、まあ、そんな、えー、
無粋な気持ちだけではありませんよ。ええ。
もちろん、純粋な気持ちがありますとも!


モノラバハウス、
沢山の人にお世話になりました。
 喜一せんせい、
 genさん、
 コバちゃん、
 鈴木喜一建築計画工房の皆さん、
 工務店の軽部さん、
 森住棟梁、小松さん、小井戸さん、他、大工さん達、
 左官の山田さん、
 電気の和泉さん、
 タイルの荒川さん、
 ペンキの深瀬さん、
 建具屋の松浦さん、
 解体基礎の松原さん、
 板金の大坂さん、
 水道の木村さん、
 地質調査の山辺さん、
 モノラバアーティスト12人衆、
 親切な仕入先さんたち、
 その他、沢山の方々
のお力添えのお陰で、
とてもとても素敵な住まいが出来上がりました。

皆さんにとってはお仕事ではあるのだけれども、
 手を抜かず、
 面倒くさがらず、
 サイコーのモノ
を目指してくれて、とても嬉しい。
経済活動であるとはいえ、
 フルパワー!
で望んでくれる人ってなかなかイナイよなぁと思う昨今なのです。
だから、こんなにも沢山の人がフルパワーで頑張ってくれたのは、
奇跡みたいなものだと思っているのです。
ホントヨ。


皆様、どうも有難う☆
これからも、良い建物、良い作品を残してくださいね。
能力が与えられた人は、
世の中に美しいモノを残す使命があるの思うのです。
だから、頑張ってください。
posted by mono at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

物干し

monohoshi.jpg

見えるかしら。この物干し。
昔ながらのJの字の金具をデッキの柱に取付けて、
物干し竿を引っかけるというオールドスタイルの物干しです。
金物屋さんにこの金具を買いに行ったら、
 最近この形は売れないのよぉ。
 これなんか、20年前から在庫しているの。
なんて、嬉しいやら、心配やらのコメント。
新しいのにちょいアンティーク。
でも1コ60円だったから良いかな?
posted by mono at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェンスモンダイソノゴ

白じゃイヤぁ〜!!
と叫き散らした結果、無事フェンスが茶色くなりました☆
うふ。妥協はしまへんでぇ〜。

どうしたら安く、簡便に、美しく、安全に出来るかと
ミンナで知恵を寄せ集めた結果。

 白のパネルを柱から外し
 柱と外した金具を焦げ茶色のペンキで塗装し、
 焦げ茶のパネルを入手し、
 取付ける!

ニューフェンス

で、無事茶色に大変身!
わぁ〜い、やったあ☆

思っていたより簡単だったし、
ペタペタ塗るのも楽しかったわん。
落ち着いたら、モッコウ薔薇とか、ヤマブドウとか
蔦モノを生やすんだぁ〜!

柱塗装中.jpg
posted by mono at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

舞良戸と3.25

にじにじっと舞良戸ペイントが進行しています。
2006/03/02(thu)&2006/03/03(fri)

mairado_hikari.jpg
舞良戸に射す光がウツクシイ。。。

3.25に向けてピッチを上げていると仰る森本先生。
じっと見つめて熟考するだけで、
何も筆を動かさない日もあるそうです。
急いで雑な作品になるよりも、
必要な時間を掛けて、
最高のモノを作り上げて欲しい。
迫り来るXデーなぞ気になさらないでくださいな。

posted by mono at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想*舞良戸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格子その後

1Fの腰高の窓に格子が付いていないじゃん!
防犯上、付いていないなんてありえなぁ〜いぃぃぃん。
とワメイタ結果、
無事格子が付きました☆

koshi.jpg

やっぱりね、納得いかないコトは声に出さないとさ、
心残りになっても良くないじゃない?

これで、安心して過ごせそうです☆
えがった、えがった。

posted by mono at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 竣工まで*07 Mar-06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

モノラバアーティスト12人衆がやってくる!?

モノラバハウスart&craft運動参加アーティスト12人衆も
オープンハウスにいらしてくださるんですヨ。

01・青柳龍太(空間芸術家/もこもこインスタレーション)
02・大槻洋介(ガラス作家/玄関ドアのガラス・1Fファシリティーあかり
03・神谷啓介おんがくか/もこもこテーマソング(仮題))
04・小林聡浩 (建築家のタマゴ/もこもこ空間
05・齋藤舟郎(陶芸家/モノラバハウスのあかり
06・鈴木喜一(建築家・水彩画家/モノラバハウス統括・ギリシアの絵
07・谷俊幸(照明作家/階段上わっぱあかり
08・畑亮(写真家/モノラバハウス竣工記録写真)
09・宮原素一郎・一美(家具作家/ダイニングテーブル
10・森本太郎(現代アートアーティスト/どどんと舞良戸ペイント
11・安田有吾(書楽家/表札
12・渡辺浩幸(木工作家/階段下祠型物置ペンダントライト


3月25日のオープンハウスでは、
01・青柳隆太さんが、もこもこインスタを開催。
03・神谷啓介さんが、好きな場所で好きな時にライブ。
05・齋藤舟郎さんのモノラバハウスのあかりが初お目見え。
まだお会いしたことのない08・畑亮氏は、
モノラバハウスの写真をこの日に撮影。
10・森本太郎先生の舞良戸ペイントも終わっている。。。ハズ♪

楽しみだな〜。

Open House リベンジ!

2006年3月25日(sat) 11:00〜16:00
モノラバハウス。 one day open リベンジ!

を行います☆

12月のオープンハウスは、
オープン工事現場になっちゃったからねぇ。
今度こそ全貌が明らかに!
遊びに来てね〜。
posted by mono at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

モノラバハウスのあかり窯入り

舟郎さんから連絡アリ。

 窯に入りました。
 窯入れが一番大変でした。
 上手くやけるかなー。

ついに、モノラバハウスのあかりを窯に入れたとのコト!
そうか、そうか、窯入れが大変だったのか。
大きいし、ゴツゴツしているもんねぇ。

上手に焼けますように☆
早く実物が見たいなぁ。


minihouse_yakumae.jpg

3 times after

舞良戸ペインティング、じっくりと進んでいる模様。
2006/02/27(mon)&2006/02/28(tue)

mairado_3days.jpg

このコが未来永劫、子々孫々(大げさかな?)
モノラバハウスと共に受け継がれて、
その時々の出来事と一緒に時を刻んでいくのだと思うと
とても感慨深い。

ああ、どうか良い作品となりますように。
一度描いてしまったら描き直せないのが緊張の元。
でも、森本先生なら、きっと大丈夫。
あの集中力で、この作品に魂を練り込んで、
力強い作品を作ってくださいね。

良い作品には、作り手の精神が宿っていると思うのデス。
それが感じられない作品は本物ではナイと思うの。
アタイ、どんなに高価だとしても、
 ホンモノ or 気に入ったモノ
でなければ欲しくないのデス。
センスが共鳴できなくては落ち着かないし、
魂が宿っていなくては感動できない。
居心地の悪いモノなんて傍に置いておきたくないじゃない。
それにホンモノにはさ、得も言われぬ力が宿っていて、
その作品に触れた人の魂を磨いてくれるように思うのデスよ。

他力本願的かもしれないけど、
ホンモノが傍にあることによって
自分の質を高められたらなって思うの。
まあ、難しいことを考えなくても、
好きなモノに囲まれていれば、
いつも気分が良くて、
それだけで幸せになれそうじゃない?


mairado_dogu.jpg
posted by mono at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 室内/屋外構想*舞良戸編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。